• 高級自動車ブランド「レクサス」
  • 高級自動車ブランド「レクサス」

高級自動車ブランド・レクサスisの特徴について

高級自動車ブランド・レクサスisの特徴について

高級自動車ブランドであるトヨタのレクサスisは、思いのままに操作することができるスポーツタイプのセダンで、高級感のある仕立てや走行の性能を備えた車です。
欧州製の高級自動車ブランドのプレミアムセダンをライバルとして位置付けているだけに、走行性能は国内向けのクラウンとは一線を画したものとなっています。
後部座席に分割パワーシートや、エアコン、オーディオコントロールを行うことができ、全席においてシートヒートが標準装備されています。搭載されているエンジンはV6の3.5Lと2.5Lとなっており、6速ATと組み合わせる対応となっています。
専用に新開発が行われたサスペンションで、ホイールのベースもクラウンよりも短いものとなっており、タイヤのサイズは前後によって異なるもので独特の特徴となっています。
横滑りを防止するためのVSCは採用されておらず、センサーを増加して制御の支援領域を広げたVDIMを用意しており、VDIMはis350には標準的に装備されており、クラウンの上級グレードにおいても同じものが標準的に装備されています。
HDDナビや花粉を除去する機能が付いたエアコン、インテリジェントAFS、専用に開発されたサウンドシステムも標準的に装備されています。

高級自動車ブランドのレクサスnxの特徴について

高級自動車ブランドのレクサスnxは先進技術を用いた車で、印象の残るデザインとブランドイメージを表しているフロントのフェイスデザインであるスピンドルグリルを兼ね備えている車となっています。
2013年にコンパクトクロスオーバーSUVのLF-NXを発表しており、nxはLF-NXを基本的なベースにして開発が行われた車ということになります。
走行の良さをイメージできる外観に仕上げられており、新開発された排気量が2000ccのターボエンジンが搭載されている種類と、2500ccのハイブリッド車の2種類の車が作られました。
トランスミッションは6速ATが新開発されており、走行の状態を感知して必要に応じたエンジントルクを計算して駆動するオンデマンド式の制御ロジックが採用されています。
ターボエンジンについて採用されるのはレクサス車の中では初めてのものとなり、トルクを最も効果的に活かすことができ、アクセルによる操作で反応の良さを実現することができ、スムーズな加速と燃費を抑制する役割とを両立させることに成功しています。
ハイブリッド車は2.5Lのエンジンにトルクモーターを組み合わせることによって、乗車の快適さと操作の安全性を高めることを目的として制御機能が採用されており、駆動用のモーターのトルクを繊細に制御を行うことでピッチングを抑えて、乗り心地の良さを他の高級自動車ブランドであるレクサスの車種を凌ぐ技術が使われています。